2017/01/31 16:47:31 | facts

愛人になろうとする女性が多くいると思いますけど、彼女らにとって愛人でいることのメリットの1つはやはり収入面でしょう。
愛人でいる限りは、収入面に関しては苦労しないというか、かなり恵まれた生活を送ることができるのではないでしょうか?
これはケースバイケース化もしれませんが、普通に働いて収入を得るよりも愛人として尽くして、そこからのリターンを貰う方が高収入、リッチな生活が出来る可能性も多々あると思います。
こういった部分は女性にとって非常に重要と言わざるを得ません。
それはどうしてか?というと、収入に関して将来的に安泰と言える人はほとんどいないのが日本の状況だと思いますし、相対的に女性は賃金が安く、非正規雇用に就いている割合も高いので、男性以上に将来的な暮らしに不安を抱えている人が多いと思うのです。
つまり、普通に働いているだけでは今もそうだけど、将来的に不安という人がとても多いと思います。
そういったときに女性が使える手がこういったところになるのではないでしょうか?
普通に働いていても収入が今後伸びる余地がほとんどないと感じている人もいるでしょうから、そういう人が身を守るために愛人という収入の挙げ方に手を出すという合理性があるのかもしれないです。
いろいろなお金の稼ぎ方があると言ってしまえばそれまでですし、愛人関係がいつまで続くか?は分かりませんが、収入に対する不安を解消するために愛人になっている人というのは、実はいるかもしれないのです。

 

《おすすめサイト》
愛人募集や愛人探しが簡単にできる3つの掲示板とは?

2017/01/28 20:04:28 | facts

愛人関係を維持するために注意することはいくつかあります。
愛人とは金銭的なやり取りがあり、女性からしたら男性はパパとなります。
金銭的な援助を期待する女性も性的な関係を求める男性もそれぞれ気を付けなければなりません。
そもそも愛人関係は、お互いが愛するという気持ちがある関係の事で、それ以上の関係には発展はしません。
女性の場合で気を付ける事は、愛人関係として収入が増えたとしても今まで通り仕事を続ける事です。
いきなり仕事を辞めてしまってもお金の羽振りが良いと怪しまれる可能性があるからです。
その他には、愛人関係のパパが出来たとしても人には絶対話さないという事です。
言いたくなる気持ちもあるかもしれませんが、家族であろうと信頼している友人でも他人には話してはいけません。
どこでバレる可能性があるのか分からないので最新の注意が必要です。
男性も同じで他人には話してはいけません。
友人に自慢したいなどの気持ちもあるとは思いますが、男性の場合は、嫁や子供がいるケースもあるのでかなり注意が必要です。
愛人としての契約料は人によって異なりますが、一ヶ月普通に生活できるほどの契約金も貰っている人もいます。
お金は魔力という言葉ある様にお金は簡単に人を変えてしまう力があります。
愛人関係になってもお互いの事を考えながら禁断の恋を人知れず楽しむ為にも他人には言わない事と目立つような事はしないという事を心がける必要があります。

2017/01/23 15:40:23 | facts

愛人って存在はなんだかトラブルが付きまとうイメージですが、実際のところどうなんでしょうね。私はその存在自体は否定しません。だって、人を好きになるってきっと自然なことですから、好きになるタイミングが早い方が有利なだけだと思うんです。ある人を好きになるのが別の人よりも早ければその人は結婚します。そして後に好きになった人はその人が結婚しているから結婚できず、早い者勝ちとなってしまうのです。
それでも、好きになるということは悪いことではないですし、諦めきれないこともあるでしょう。頭ではわかっていても好きが暴走すると、某好感度1位タレントさんのように好きを続けてしまうのだと思います。
ただ、私個人としては相手に結婚相手がいるのに好きでい続けることはできない派です。もし結婚していることや恋人がいることを隠していたなら幻滅するでしょうし、知っていたならそもそも好きにはならないからです。良くも悪くも諦めが良いという感じですね。
愛人でい続けるにはそれなりの罪悪感を背負っていくことになるでしょうし、それを苦に思わない人がなんなくできちゃうのかもしれません。私はそういう罪にさいなまされるのは精神的に苦痛なので、たとえ好きと思っても避けたいところですね。別の誰かを好きになって、罪の意識などなく正々堂々と好きになりたいと思います。危険な恋とか、スリルのある恋を好む女性なら愛人という立場はたまらないのかもしれませんけどね。

2017/01/22 15:24:22 | facts

既婚男性にとって、愛人を作るというのは、男性としての欲望を満たす行為と言えるでしょう。しかしながら、愛人関係をうまく続けることができない場合には、極めて多くのリスク(配偶者から離婚を突きつけられたり、慰謝料を請求されるリスクなど)が存在するため、ハイリスク、ハイリターンの行動です。そこで、愛人を作ろうとしている既婚男性が肝に銘じるべき、愛人関係を続ける際に注意すべきポイントがいくつかあります。
まず、とにかく証拠を残さないことです。愛人関係は、配偶者との関係では明らかに違法行為であり、配偶者との婚姻関係を根底から破壊する行為です。それゆえ、配偶者に愛人の存在がバレてしまった場合、確実に裁判沙汰になることが想定されます。そこで、愛人関係の証拠をなるべく残さないように心がけることが重要です。具体的には、写真や電話などはもちろん、メール、SNSなどのインターネット上のやり取りにも細心の注意を払うべきでしょう。
次に、愛人関係を周囲に漏らさないことです。男性というのは、愛人を手に入れたことに満足をし、周囲の友人や同僚などに自慢をしてしまいがちです。しかしながら、誰に恨まれているかわからない世の中ですので、自らの弱点をあえて漏らす必要はまったくありません。周囲に自慢したいという気持ちはわかりますが、そこはグッと堪えて、愛人との2人だけの秘密にすることが必要でしょう。
このように、愛人契約を続ける際のいくつかのポイントをしっかりと理解することによって、配偶者との婚姻関係を継続しながら、愛人とのスリルのある生活も楽しむことができるのです。