早い者勝ちの恋愛事情

愛人って存在はなんだかトラブルが付きまとうイメージですが、実際のところどうなんでしょうね。私はその存在自体は否定しません。だって、人を好きになるってきっと自然なことですから、好きになるタイミングが早い方が有利なだけだと思うんです。ある人を好きになるのが別の人よりも早ければその人は結婚します。そして後に好きになった人はその人が結婚しているから結婚できず、早い者勝ちとなってしまうのです。
それでも、好きになるということは悪いことではないですし、諦めきれないこともあるでしょう。頭ではわかっていても好きが暴走すると、某好感度1位タレントさんのように好きを続けてしまうのだと思います。
ただ、私個人としては相手に結婚相手がいるのに好きでい続けることはできない派です。もし結婚していることや恋人がいることを隠していたなら幻滅するでしょうし、知っていたならそもそも好きにはならないからです。良くも悪くも諦めが良いという感じですね。
愛人でい続けるにはそれなりの罪悪感を背負っていくことになるでしょうし、それを苦に思わない人がなんなくできちゃうのかもしれません。私はそういう罪にさいなまされるのは精神的に苦痛なので、たとえ好きと思っても避けたいところですね。別の誰かを好きになって、罪の意識などなく正々堂々と好きになりたいと思います。危険な恋とか、スリルのある恋を好む女性なら愛人という立場はたまらないのかもしれませんけどね。

関連ページ

愛人関係を続ける際に注意すべきポイントとは?
既婚男性にとって、愛人を作るというのは、男性としての欲望を満たす行為と言えるでしょう。しかしながら、愛人関係をうまく続けることができない場合には、極めて多くのリスク(配偶者から離婚を突きつけら…