現代では借金に対する意識が変わってきている

現代の日本では、昔に比べて借金についての危険性が認識されづらくなっています。
昭和の時代、借金といえば非常に慎重に行われるもので、借金をすることは「自身で生活を組み立てられない人間」ということで、借金という行為自体が恥であると考える風潮もあったほどで、借金はどうにもならなくなった時の最終手段というべきものだったのです。

 

しかし、現代ではテレビで連日大手消費者金融による借金のCMが流され、インターネット上にも街角にも、目に付く至る所に借金を推奨するような広告が張り出され、身近な物という認識になってきています。
CM内容も若者向けに軽く明るい感じに作られているので、「ちょっとお金に困ったら借金を」なんていう雰囲気を作り上げています。
これでは、借金が持つ危険性というのを全くアピールできていませんし、より借金をする人が増えてしまいます。
消費者金融的には良いのかもしれませんが、利用する側からすれば、その危険性を知らされないまま利用するという恐ろしい事態になるのです。

 

借金は、ちゃんと限度をわきまえて利用出来れば確かに便利なものです。
しかし、その限度を超えてしまった時、その後の人生を大きく左右することになる諸刃の剣であることは心に留めておかなければなりません。

関連ページ

投資会社への借金で大変な近所の事例
近頃近所の住民が、ちょっと借金で大変な状況だそうです。と言っても、いわゆるローン商品での借金ではありません。先物ですね。そもそも借金と聞くと、いわゆるローン会社のようなものをイメージなさる方…
リボ払いの怖さと返済方法について
一度借金をすると、返済までにどのくらいの時間がかかるのでしょうか。現在、カードローンなどではリボ払いが主流ですが、リボ払いにすると返済まで長い時間がかかってしまいます。リボ払い(リボルビン…
借金をすると気苦労が多くなる
私のように神経質で何事にもビクビクしてしまう人間は、借金をすると心臓に悪いです。10代後半の社会人になりたてのころ、私は友人から借金をしたことがありました。金額は5万円で、当時の私にとってみ…
女性で借金返済に困っているなら任意整理がお勧めです
結婚前に借金を抱えていて、借金返済できない場合、なかなか将来の配偶者や親御さんには真実を打ち明け辛いですよね。また借金の事実が明るみに出ると、折角盛り上がっていた結婚話も破談にな…
専業主婦が借金するなら無理のない範囲で返済可能なカードローンはお勧め!
専業主婦は基本的に主人の代わりに家計を管理する主とも言えるので、家族や知人の冠婚葬祭や疾病治療など急な出費があった場合は、支給されている給料だけでは生活費が足りなくなる時もありま…
大学を留年して親に借金
大学生になったとき、初めて親元を離れて、地元から遠く離れたところで一人暮らしをしていました。不慣れながらになんとかやっていたんですが、大学の2回生になった頃、急に大学へ行けなくなってしまっ…